LH質問箱:Photoshopで写真修正をやりすぎないために押さえておきたい基本知識

LH質問箱:Photoshopで写真修正をやりすぎないために押さえておきたい基本知識

ライフハッカー編集部様

Photoshopで画像加工をよく行なうのですが、やりすぎて家族写真がエアブラシのイラストみたいになったり、風景写真なのにユニコーンが虹の上を飛んでいるような、不自然で非現実的な写真になってしまいます。これを直すにはどうすればいいですか?

PN:意図しないフェイク(Unintentionally Fake)

 

意図しないフェイクさんへ

元の写真をどれくらい加工するかを決めるのは、かなり難しいです。例えば、エフェクトをかけるとすると、最初はとてもいい感じに思えますが、あとで見るとやりすぎてしまった...と気付くこともあると思います。そこで今回は、「やりすぎになっていないか」を確認する方法と、やりすぎてしまった場合に戻す方法をお教えしましょう。


■加工し直せる画像を常に残しておく

Photoshopで画像を加工する場合は、加工されていないレイヤーを含むPhotoshopデータ(PSD)を常に残しておきましょう。ほかの画像編集ソフトを使っていても、未編集のレイヤーを残した状態で保存しておいた方がいいです。そうしておかないと、加工をやりすぎてしまった時に後戻りできなくなってしまいます。加工できるレイヤーが残った状態の画像があれば、あとで戻ったり加工し直すことが可能です。加工の程度がわかるまで、必要に応じて加工し直すことのできるレイヤーを持っていた方がいいでしょう。


■焦って加工しない


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2012年2月3日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら