自分が死んだ後のGmailアカウントをどうするか、考えたことありますか?

自分が死んだ後のGmailアカウントをどうするか、考えたことありますか?

ほとんどの人が、毎日いくつかのWebサービスを使っていると思いますが、Gmailほどあなたの個人情報を知っているものは無いのではないでしょうか。万が一Gmailに何かがあった時、Gmailアカウントに大量にあるデータやフォルダはどうなってしまうのでしょう? そこで今回は、クラウドのバックアップサービス「Backupify」が提案している、死後Gmailアカウントをどうするべきかの方法をご紹介します。Gmailアカウントに万が一のことがあった時の対策を考えていきましょう。

 

オンラインサービスを通して作成した情報の保有権という意味で、データの所有権について語るべきことはたくさんあります。しかし、例えばGmailは、明らかに私のものだと分かるようなデータを管理するには、とても良いサービスです。問題は、自分が死んだ後も残るものなのかどうかでしょう。簡単に言うと、自分が死んだ時に家族がGmailアカウントを引き継ぐことができるのか? ということです。

この問いは言葉以上の意味を含んでいます。原文筆者は、数多くのオンラインサービスやアカウントを利用しており、それらの大事な通知はGmailアカウントに届くようになっています。Gmailのアカウントにアクセスしない限り、彼の妻は「Health Savings Account」や「Roth IRA」のアカウントには、おそらくアクセスできません。

突然の死に備えて、自分の家族に分かるように、自分のアカウントに関する委任状的なものや、パスワードなどの認証に必要なものを残しておくというのが、分かりやすいでしょう。問題は、Gmailユーザになりすます行為となるので、Gmailのサービス利用規約に違反することになります。Gmailになりすましが発覚することはないかもしれませんし、そういうことをしている人は多いでしょうから気にも留めないかもしれませんが、万が一、原文筆者の死後に妻が彼のアカウントにログインしていることがバレたら、Gmailの裁量によって彼のアカウントが凍結、もしくは削除される可能性はあります。多かれ少なかれそういう可能性がある限り、家族が自分のアクセスした時に起こりうる問題は未然に取り除いておきたいものです。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2012年3月26日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら