プチマッスルライフ第1回:体脂肪計の数字には嘘がいっぱい!?

プチマッスルライフ第1回:体脂肪計の数字には嘘がいっぱい!?

生活習慣病が騒がれる昨今。自分の体重や体脂肪率は気になりますよね。体重計に体脂肪率やBMIが表示されるものも多くなってきました。がしかし、それを鵜呑みにするのは危険かもしれません。なぜなら計測方法の問題で、簡単に数値が変わってしまうからです。
 
そこでプチマッスルライフでは「健康のために運動をしたいけど時間がない」、「ダイエットしたいけどこの方法は効果的なの?」、「筋肉もりもりマッチョになりたい!」などなど、広い範囲で情報を提供していきたいと思います。初回は体脂肪率についてのあれこれを大公開!

Photo by Thinkstock/Getty Images.

 

みなさんは家に体重計をお持ちですか? 「体脂肪計」は体重計としては高級品ですが、そこが落とし穴。体脂肪は推定しているだけなので、信頼性が低いのです。

一般的に知られている体脂肪計は両手で持つタイプ、両手・両足を付けるタイプがあり、身体に微弱な電流を流して電気抵抗を測定する「生体インピーダンス法」という方法で測定します。家庭用のものもジムなどにあるものも、測定法は同じです。

筋肉は水分量が多いので電気を流しやすく、脂肪は水分量が少なくて電気が流れにくい。つまり、電気抵抗が大きければ脂肪が多く、電気抵抗が小さければ筋肉が多いと推定できるわけです。過去に測定した統計データを元に、「これくらいの身長・体重で、これだけの電気抵抗なら、体脂肪率はこれくらい」と判断して数値は表示されます。体脂肪計各メーカーが独自に研究・開発してるので、同じ人でも測った機器のメーカーごとに、体脂肪率が異なって推計されてしまうこともあるようです。次に、面白い例を2つご紹介しましょう。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2012年3月28日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら