サイフをなくした時に必ずやるべき5つの手順

サイフをなくした時に必ずやるべき5つの手順

ある日カバンの中を見たらお財布が無い...! 落としたにしても盗まれたにしても、かなり焦るし困るはず。お財布の中には、現金以外にクレジットカードやキャッシュカード、会員カード、ポイントカード、免許証や保険証なども入っていたりします。というわけで今回は、こんな最悪の事態が起こった時に一体何をすればいいのかを確認していきましょう。

Title image remixed from R.Ashrafov(Shutterstock).

 

お財布に大事なものがすべて入っている場合は、すぐにすべてを取り戻すのは困難です。時間に少しでも余裕があるばら、まずはそこに至るまでの自分の足取りを辿って、直接行けるところには探しに行き、お店などの場合は忘れものとして届けられていないか連絡してみましょう。それでも見つからない場合は、お財布の中に入っているカード類などを使用停止したり、再発行する手続きに入ります。

では、お財布をなくしてしまった場合にやらなければならないことを、順に説明していきましょう。


1. クレジットカードとキャッシュカードを使用停止する

まず最初にすることは、クレジットカードを止めることです。米Lifehackerでは、以前クレジットカード会社のサポートの電話番号を携帯しておくといい(英文)という記事がありましたが、まだやっていない人は今すぐクレジットカード会社のWebサイトに行って電話番号を確認し、携帯やスマホに登録しましょう。カード会社に電話をしたら、カードを無くしたことを説明し、使用履歴を5~6つ照会し、誰かが使っていないか確認をしましょう。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2012年4月13日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら