今日からはパートナーとベッドを一緒にしたくなる研究結果

今日からはパートナーとベッドを一緒にしたくなる研究結果

あなたは普段、パートナーと同じベッドで寝ていますか? それとも別々? どちらのほうがよく眠れますか? これまでの研究では、特に女性の場合、「他の誰かと同じベッドに寝ると、夜中に目を覚ます頻度が高くなる」という結果も報告されていました。

しかし、最新の研究では、他の人と一緒に寝る事が必ずしも睡眠の質を低下させるわけではない、という結果も出たのだそう。逆に、安定した関係にあるパートナーと一緒に寝ている女性の方が、ひとりで寝ている女性よりも良質な睡眠をとっているそうです。

ピッツバーグ大学の精神医学・心理学の准教授Wendy M. Troxel博士は、米紙『ウォール・ストリート・ ジャーナル』で以下のように語っています。

Photo by Mr.Thomas.

「睡眠」は健康的な生活にとって非常に大切です。良質の睡眠は、心臓病の予防や精神の健康にも大きく関わっています。そして、夫婦で一緒に寝ることも、健康に大きな影響があることがわかりました。


Troxel博士が2009年に行った研究では、夫婦でなくパートナーという存在であっても面白い結果が出ています。

現在シングルまたはパートナーを失ったばかり、もしくはパートナーを得たばかりの女性よりも、パートナーと長期にわたる安定した関係を持っている女性の方がずっと寝つきがよく、夜中に目が覚める割合も少ないことがわかりました。


では、なぜ親密なパートナーがいる女性はよりよく眠れるのでしょうか。隣で寝ているパートナーからは、睡眠を邪魔する寝返り攻撃などが絶え間なく繰り出されているかもしれないのに。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2012年8月16日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら