これぞライフハッカー! 米ベストセラー作家・サーストン氏の仕事術

これぞライフハッカー! 米ベストセラー作家・サーストン氏の仕事術

処女作『How To Be Black』で一躍米国のベストセラー作家となったサーストン(Baratunde Thurston)氏は、かつてプロジェクトマネジメントサービス企業Digital for The Onion」のディレクターを務めていたほか、作家、アドバイザー、コメディアン、政治活動家、ソーシャルメディアの専門家など、さまざまな分野で活躍する人物。

最近では、ニューヨークで定期的にスタンドアップコメディのパフォーマンスをする一方、新プロジェクト「Cultivated Wit」を通じて、ユーモアを活用した企業の顧客コミュニケーションを推進しています。

これほどまでに多彩な才能にあふれ、情熱的に仕事をこなすサーストン氏には、忙しいながらもやるべきことをやり切るための秘策が何かあるはず。TV番組『怪しい伝説』のアダム・サヴェッジ氏bitlyのチーフを務めるヒラリー・メイソン氏に続くインタビューシリーズの第3弾として、サーストン氏の仕事術を探ってみました。



  • 氏名:サーストン(Baratunde Thurston)

  • 職業:作家、コメディアン、「Cultivated Wit」の創設者

  • 居住地:米ニューヨーク市ブルックリン

  • 現在のコンピューター:MacBook Air(11インチ)

  • 現在のモバイル端末:iPhone 4S、ポータブルバッテリー「Mophie

  • 仕事スタイル:感覚に触発されるままに取り組む


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2012年8月23日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。