TwitterをRSSリーダーに登録する方法(「仕様変更後」編)

TwitterをRSSリーダーに登録する方法(「仕様変更後」編)

TwitterをGoogleリーダーでチェックしている人は気付いているかとは思いますが、Twitterのつぶやきをフィード取得できなくなったようです。私も「https://twitter.com/statuses/user_timeline/(アカウントのID).rss」をRSS登録していたのですが、急に先日からリーダーで読めなくなってしまいました。おそらくTwitterの仕様変更によるものだと思いますが、これでは不便です。

以下では、再びツイートをRSSリーダーで取得できるようにする方法を解説しますので参考にしてください。

Googleリーダーに登録する時、フィードを以下のようなURLに変えて登録してみましょう。

https://search.twitter.com/search.atom?q=from:〇〇(アカウント名)


例えば、ライフハッカーのTwitterアカウントをフィード登録する場合、「https://search.twitter.com/search.atom?q=from:lifehackerjapan」を登録します。これで、Twitterのフィードが取得できない問題はひとまず解決です。


しかしながらこのURLも、「Twitter API」の仕様変更によって使用不可となる可能性があります。このTwitterフィード取得問題の良い打開策を知っている人がいましたら、ぜひコメント欄で教えてください。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2012年10月18日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら