投資に負けたら「ちゃんと言い訳する」ほうがいい~マネーハック心理学(13)

投資に負けたら「ちゃんと言い訳する」ほうがいい~マネーハック心理学(13)

直近の上昇相場にもやもやした居心地の悪さを感じるFP山崎(@yam_syun)です。実態を先取りして動いてしまうのが株価とはいえ、こんなに情緒的に上昇していいのかと思います。これから投資を始めようとする人は楽観視しないほうがいいと思いますよ。

さて、今回も行動ファイナンス、つまり行動心理学の要素を経済学に応用し、学問のエッセンスを使いながら、投資について考えるマネーハック心理学、開講です。

今回のテーマは投資の「後悔」です。投資の失敗は後悔を招きます。損失は利益より大きく感情を揺さぶることも明らかになっています。投資に負けたとき、感じる後悔が嫌で、投資をしないことも可能ですが、投資をしないことで儲け損なうことも後悔のひとつです。

心理的に後悔を和らげ、少しでもうまく投資を行う方法はないものでしょうか。

「後悔回避」があなたの投資を邪魔する

行動ファイナンスでよく議論されるテーマに後悔回避、というものがあります。人は誰でも後悔をしたくないので、後悔を避ける選択肢を知らず選んでしまうというものです。それが客観的に見て合理的ではなくとも、私たちはそちらを好みます。

下手な個人投資の典型は「株価が上がり始めてから買い」「株価が下がり始めてから売り」ます。いかに後悔回避の罠にハマっており、この投資が心理的に下手な選択をしているか、整理してみましょう。

アベノミクスともてはやされて日経平均株価が2000円以上上がってから「オレも株やってみようかな」と思う頃には、どんな上昇相場であっても値上がり幅の半分以上はもう終わっています。しかし周囲の人が上手に儲けた様子を見て「今からでも投資しないと儲け損なうかも」という後悔回避の念があなたを投資に誘います。マネー雑誌以外の一般紙が「この相場で儲かる」みたいな記事を書き出したら、上昇相場は終わりだというブラックジョークもあるくらいで、こういう後追っかけをする人は投資ではあまりうまく儲けられません。


あわせて読みたい

気になるキーワード

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2013年2月25日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら