Facebookの参入も噂されるリーダー事業から、なぜGoogleだけが撤退するのか?

Facebookの参入も噂されるリーダー事業から、なぜGoogleだけが撤退するのか?

「Googleリーダー」が消滅しようとしている今、他社はなぜ、こぞってニュースリーダー事業に参入しようとしているのでしょうか。もしかすると、Feedly、Digg、AOL、Facebook、LinkedInは、Googleには見えない「何か」が見えているのかもしれません。テック系情報サイト「GigaOM」は次のように考察しています。

GigaOM:Googleはこの2013年3月、Googleリーダーを終了することを発表しました。ユーザーコミュニティが存在しているにもかかわらず、それを利用することなく、新しいエクスペリエンスの構築を諦めてしまったのです。それからずっと、私のもやもやは消えません。

皮肉なことに、他社は続々とリーダー事業に乗り出しています。Digg、Feedly、AOLのほかに、Facebookまでもが、ニュースリーダーへの参入をほのめかしているのです。米紙「Wall Street Journal」によるとFacebookリーダーの特徴は以下のように噂されているようです。

  • 主にモバイル端末向けのリーダーとして、1年前から開発が進められている
  • 「Flipboard」に追従することが狙い
  • かつてAppleやNest Labsでも働いていた有名デザイナーのMichael Matas氏が手掛けている

Twiiterとの連携の道を見出しRSSを採用しない限りは、Facebookリーダーの可能性は「限られたものになる」のではないかと危惧されています。LinkedInは最近、ニュースリーダーアプリの「Pulse」を買収し、自社SNSへのエンゲージメントを高めることに成功しました。Facebookも同じ足跡を辿っているように思えます。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2013年6月26日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら