"悪ガキ"本田宗一郎のリーダーシップの本質は「ほとばしり出る感情」

"悪ガキ"本田宗一郎のリーダーシップの本質は「ほとばしり出る感情」

『こんなリーダーになりたい 私が学んだ24人の生き方』(佐々木常夫著、文春新書)は、2012年6月から1年間にわたる「週刊文春」での著者の連載「こんなリーダーになりたい」に加筆修正したもの。

「逆境を生き抜け」「成功は自己の内面にあり」と2つのテーマに分かれており、前者では土光敏夫からマザー・テレサ、西郷隆盛、徳川家康ら、後者ではウィンストン・チャーチル、吉田松陰、坂本龍馬らと、時代を超えた24人の人物の生き方が紹介されています。

著者も「リーダーとして最初に取り上げたいと思った企業経営者」だという本田宗一郎に焦点を当てた、「ホンダフィロソフィーの一丁目一番地は『人間尊重』」を引き出してみましょう。

悪ガキがそのまま大人に

著者は、「宗一郎のことを知れば知るほど取り上げることを躊躇してしまう」のだそうです。理由は、普通リーダーとなる人は沈着冷静だったり、自制心が強かったりするのに、宗一郎は子どものようで、悪ガキがそのまま大人になったような面があるから。

押し寄せる感情の量が人より多く、それを抑えようとはせずいつも感情がほとばしり出てくる。仕事をしていても理屈に合わないことが起こったり、手を抜いたりすると本気で怒る。その激しさゆえ、ときに部下を殴ってしまうこともあったという。(121ページより)

しかしそれでも、15歳で丁稚奉公となり、21歳で創業し、41歳で本田技研工業を興し、全社員に強烈な「ホンダフィロソフィー」を植えつけた宗一郎のリーダーシップには見るべきものがあるといいます。(121ページより)


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2013年10月31日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら