面倒なメールアドレス変更をサクサク処理できる方法

面倒なメールアドレス変更をサクサク処理できる方法

家の引っ越しなら、郵便局に行って転居届を出すだけで、あとは郵便局に任せておけば問題ありません。でも、メールアドレスを変更する場合は、そう簡単にはいきませんね。

仕事用のアドレスを取得したり、新しいサービスに乗り換えたりと、アドレスを変更する理由はさまざまですが、その後の処理は予想以上に面倒です。では、メールアドレスの変更が簡単になる方法を紹介しましょう。

長く使えるアドレスを選ぶ

何はともあれ、変更するなら実用的なメールアドレスにしましょう。最適なアドレスは、メールを使う目的によって変わってきます。

理想としては、自分の名前を用いたオリジナルのドメイン名とメールアドレスを持つことでしょう。「yourname@compuserve.com」より、「yourname@yourname.com」というアドレスのほうがずっと長く使えます。また、プロバイダと縁が切れるので、2度とアドレスの変更を心配する必要はありません。そこまで大げさにしなくても、とお思いでしょうが、利用価値の高いドメインサービスもありますし、手続きもそれほど複雑ではありません。オリジナルのドメイン名ならGoogle Apps(GmailなどのGoogleプロダクトを独自ドメインで使えるようにするサービス)を簡単に利用できるので、Google愛好家の方にもうってつけです。おまけに、万が一Google Appsが時代遅れになる日(もしくは、利用をやめたい時)が来ても、アカウントを解除して別のサービスに移行するだけで済みます。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2013年12月24日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。