時間を忘れるほど深く集中しているとき、我々の脳には何が起こっているのか?

時間を忘れるほど深く集中しているとき、我々の脳には何が起こっているのか?

時間の感覚がなくなるほどに何かに集中して作業に没頭していた経験はありませんか?

これは研究者たちが、いわゆる「フロー」または「ゾーンに入る」と表現する状態なのですが、最近発表された『FastCo Labs』の記事で Leanne Butkovic は、この「ゾーンに入った状態の脳の中でどんなことが起こっているのかを解説しています。

楔前部(けつぜんぶ:大脳の内側面にある脳回のひとつ)は、内省と深く関連があるとされている脳の一部であり、ヒトの意識を司る上で最も大切な部分ではないかと議論されている部位です。

この部分は、何かしら創造性を発揮する瞬間に非常に活発になります。また、脳の「デフォルト・モード・ネットワーク」、つまり意識的に考えなくてもアクティブに動いているシステムのハブだとも考えられています。

この"意識せずともアクティブに動いている"状態は、注意力や理論を中心とする状態の真逆にあります。

通常の状態であれば、集中力と思考回路によって抑制されているのですが、ゾーンに入った状態ではこれに変化が生じます。デフォルト・モード・ネットワークによって適正され、"内的な独白"が激しく活動しだすので、理論を司るネットワークの機能性は大幅に低下するのです。

つまり、「ゾーンに入る」ということは、注意力や思想が束縛されていない状態を意味します。

この状態に到達するためにはどうすればよいのでしょうか

これは、例えばどういう状態なのか──。何を書いているのか、何の絵を描いているのかを全く気にしない状態で、ペンが何をしているのかも全く心配せずに、とにかく何かを書き続けた場合、とでもいえばいいでしょうか。フローを体感するには、作業に対する評価を気にすることなく、自由に何かを作成することに集中することが大切です。

脳についてより科学的なことを知りたいのならこちらのサイト(英文記事)も参考になると思います。

Work First, Critique Second|99u

Tanner Christensen (訳:まいるす・ゑびす)Photo by Thinkstock/Getty Images.

元の記事を読む

あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年2月4日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。