良かれと思ってやっていた貯金習慣が裏目に出る場合と、その改善方法

良かれと思ってやっていた貯金習慣が裏目に出る場合と、その改善方法

自分の財力以上の生活をしたり、緊急用の貯蓄が無い場合は、経済的に破綻することがあるというのは誰もが知っていることです。しかし、金銭的な失敗では、良かれと思ってやっていたことが原因になっていることがあります。今回は、裏目に出ていたり、結果的に損をしている、間違った貯蓄習慣とその改善方法についてご紹介しましょう。

非現実的なほど予算を締めつける

ほとんどの人は、少ない予算で生活しようと思えばがんばれるだろうと思います。しかし、何の楽しみも余裕もなくて息苦しいような非現実的な予算を組んで、無理をし過ぎないように。個人金融系のライターJ.D. Rothさんは以下のように説明しています。

予算組みの3つ目のルールは、自分の理想の生活ではなく、現実的な生活を基準に計画を立てることです。上がるかもしれない給与や、このくらいのお金で生活したいというような理想で予算を組まないように。毎日コーヒーを飲むのにお金を使っているなら、それは予算の一部として入れます。会社の給与が上がらなかったら、それは収入にカウントしません。理想ではなく現実を見て予算を組みます。

もちろん、財力以上の生活をしているのであれば、予算を削減するのは重要です。しかし、予算を切り詰めすぎると大抵裏目に出ます。結果的に、購買意欲が貯蓄欲に追いついてしまいます。何の決まりも設けなければ、お金を使いすぎて破綻する危険性があります。

少しだけ息ができる金銭的な余裕を自分に与えてあげれば、後で破綻する危険性はありません。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2014年5月6日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら