オフィスで病原菌が広がるスピードは、あきれるほど速い:研究結果

オフィスで病原菌が広がるスピードは、あきれるほど速い:研究結果

インフルエンザの季節はすぐそこです。それは病原菌の季節でもあり、人類は不毛な戦いを繰り広げることになります。

細菌がどこにあるのか正確に知ることができれば素晴らしいですが、アリゾナ大学の研究者は、それに次ぐ素晴らしい成果を上げました。細菌が1日の間にどのように広がっていくかを追跡調査したのです。

病原菌はあっという間に広がる

研究者は、80人が働くオフィスビルにおいてこの実験を行いました。「研究者は、ビル入り口の、押し開けるタイプのドアをバクテリオファージMS-2と呼ばれるウイルスで汚染しました」と、Wall Street Journalは報じています。「MS-2はヒトに感染しませんが、風邪や胃腸のインフルエンザを引き起こすウイルスと似た形、サイズ、生存力を有しているのです」

では、ウイルスは最初にどこへ向かったでしょう?

答えは、休憩室です。2時間後には、コーヒーポット、電子レンジのボタン、冷蔵庫の持ち手の部分でMS-2が検出されました。次に、トイレに到着し、最後にはオフィスと個室に広がりました。

研究者がウィルスを持ち込んでからたった4時間後には、およそ50%の社員の手からウイルスが検出されました。また、ビル内で皆が触るような場所のおよそ半分にウイルスが存在しました。

気持ち悪いですか? 本当にそうですね。心配ですか? でも、それほど恐ろしいことではありません。ウイルスやバクテリアとの接触が必ず病気を引き起こすわけではありません。例えば、保育所で行われた研究では、症状がない子供の30~40%が呼吸器疾患のウイルスを持っていたことがわかっています。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年10月5日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。