友人との集合写真を勝手にFacebookに投稿するのはプライバシー権の侵害?

友人との集合写真を勝手にFacebookに投稿するのはプライバシー権の侵害?

SNSは楽しいものですが、ちょっとしたマナー違反から大きなトラブルになることもあります。今回はFacebookに無断で人の写真をアップしてトラブルになったケースを取り上げます。以下、法律に関する身近な話題を弁護士などの専門家が解説するニュースメディア「弁護士ドットコムニュース」のこちらの記事より転載します。

「自分が出席した結婚式の集合写真がFacebookに流れている」。東京都内のIT企業に勤めるMさんは、自分の写った集合写真が友人の手によって、投稿されたことに気づいた。さらに「タグ付け」までされていたため、自分の友人・知人にその写真を見られることになった。

Mさんは、自分のプライベートを勝手にさらされたような気分になり、「ひと言断りをいれてほしかった」と憤った。ただ、お祝いの席のことなので、友人には強く抗議できなかったそうだ。

「いつ」「どこで」「誰と」「何をしていたか」という情報は、プライバシーに関わる情報だ。結婚式で撮った誰かの写真を無断でSNSに掲載することは、法的に問題ないのだろうか。伊藤雅浩弁護士に聞いた。

「ただちに違法になるわけではない」

「端的にいえば、プライバシー権とは"私生活上の情報をみだりに公開されない権利"のことです」

伊藤弁護士はこう切り出した。多くの人は、私生活上の情報を勝手に公開された場合、「プライバシーを侵害された」と思うだろう。法律に違反しているといえないだろうか。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2015年3月1日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。