その英文メール、正しく書けていますか?知らないと恥をかく5つの基本ルール

その英文メール、正しく書けていますか?知らないと恥をかく5つの基本ルール

ビジネスの場で英文メールを送る機会はありますか? 会ったことのない海外にいるスタッフや外国人の取引先に英語でメールをしたのになぜか返事が来ない...といった経験はないでしょうか? 英語が間違っていたのかなぁ、メールが届いていないのかなぁと不安になる前に、もしかしたらもっと基本的なところが間違っているのかもしれません。そこで、今回は、「オンライン留学体験」を提供する世界最大級のオンライン英会話スクール「EF イングリッシュタウン」の記事より、英文メールを送る時に気をつけたい基本事項をまとめてみます。

1. 件名はわかりやすいか

社内でも社外でもいきなり会った事もない人からのメールは開けるのは躊躇しますし、会社のセキュリティによっては迷惑メールフォルダへ自動で振り分けられてしまっているかもしれません。そんな時でも、メールの題名を見ただけで相手が内容をある程度予想できる状態ならば、見落とされてしまうことも未然に防ぐことができます。例えば、現在取り組んでいるプロジェクトについてメールする場合は「Regarding ~ project」といったように具体的な名前を入れるようにしましょう。「Inquiry」だけと書かれたメールでは開いてもらえない可能性が高いです。

2. 相手の名前は正しく明記されているか

名前のスペルはもちろん正しくないと失礼になりますが、Mr.やMs.といった敬称も必ず忘れないようにしてください。初めてメールを送る相手にいきなり「 Hi, +相手のファーストネーム)」ではカジュアルすぎます。また、男性の場合はMr.を使えばいいのですが、女性の場合はMrs. Ms. Miss.と使い分けをしなくてはいけません。外国の名前でどうしても性別が不明の場合(インターネットでまずは調べてみるのが一番ですが)は、「Dear, ファーストネーム+ラストネーム」と書くようにしてください。相手が医者や教授の場合はMr./Ms.のかわりにDr.やProfessorを使ったほうがより丁寧になります。


ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2015年3月1日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。