国際経験が豊富な人を採用したほうがいい5つの理由

国際経験が豊富な人を採用したほうがいい5つの理由

Inc:新しく社員を雇用する際には、応募者の学歴や職歴、人柄などを見るでしょう。しかし、この時、応募者にどのくらい海外経験があるかということについては、あまり考えないのではないでしょうか。あるビジネススクールの教授によれば、職歴に加えて、国際経験も見ていくほうが賢明のようです。

リンダ・ブリム教授は最近、INSEAD Knowledgeのサイト上で、ある特定の種類の従業員は、特定の利益を雇用主にもたらす、と述べています。その従業員とは、教授が「グローバル・コスモポリタン」と称する人達のことです。

グローバル・コスモポリタンを雇用すべき理由

グローバル・コスモポリタンとはどのような人たちなのでしょう? 以前の投稿で、ブリム教授はグローバル・コスモポリタンを「さまざまな国で長期にわたり、生活、勤務、あるいは留学をした経験のある人々」と定義付けています。彼らにとって、海外居住経験の影響は深大なものです。彼らは、「国境を越えて生活したり、行く先々で発生する困難に対処したりという現実の経験に大きく影響された世界観、自己認識を持っています」とブリム教授。

見聞の広い人は人として豊かになれそう、ということまではわかりますが、それが企業活動とどのような関係があるのか、とお考えでしょう。 ブリム教授は、この才能の宝庫こそ独特かつ有益なスキルを仕事にもたらすのだと主張し、事業主がグローバル・コスモポリタンを雇用する際には、特別な配慮をするのが賢明だといいます。国際生活によって発達する5つの主要能力を、教授は次のようにまとめています:


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2015年4月14日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。