ネット経由の音声通話の音質を良くする5つのアイデア

オーディオドライバーをアップデートする

ネット経由の音声通話の音質を良くする5つのアイデア

OSによりますが、まずやるべきはドライバーのアップデートです。小さなことのようでいて、見過ごすことはできません。特に、何年も同じUSBマイクを使っていて、Skypeやハングアウトなどのボイスチャットアプリを最新バージョンにしてから音質の問題が発生した場合、ドライバーの更新で驚くほどの効果が得られるかもしれません。

マイクのドライバーが原因でなかったら、マザーボードやサウンドカードのオーディオドライバーをチェックしてみてください。サウンドカードを使わずにマザーボード内臓のオーディオチップを使っている人が多いので、一度もドライバーを更新していない可能性があります。

組み込みのドライバーは通常それなりのものが入っていますが、音質の問題に直面したら、アップデートを探してみてください。たいてい、マザーボードメーカーのサイトを開き、モデル番号で検索をかければ見つかるはずです。騙されたと思ってやってみてください。きっと、違いに驚くはずですよ(私がそうでした)。

オーディオ設定をいじる

使っているアプリケーションのオーディオ設定に慣れておきましょう。ゲーム専用のボイスチャットアプリにせよ、Skypeやハングアウトにせよ、オプションメニューの中で、マイク設定や音声出力設定ができるはずです。Skypeでも、たったのクリック1回で驚くほど音質が変わることがあります。

こちらの画像はMacの環境設定ですが、Windowsでもマイクの音量を変えたり、サンプルレートを変えたり、マイクと競合するオーディオデバイスを無効にしたりできます。また、「Audacity」などの音声録音アプリを使えば、自分の音声を録音・再生し、自分の声(と環境音)が相手にどう聞こえているかがわかります。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年5月8日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。