食後の眠気は炭水化物のせい。避けるには、一緒に食べるものを選ぶこと

食後の眠気は炭水化物のせい。避けるには、一緒に食べるものを選ぶこと

食事に含まれる炭水化物が多すぎると、長期的に見て太りやすいのはもちろんですが、食べてもまたすぐにお腹が空いてしまったり、機嫌が悪くなったりする短期的な影響も知られています。「それでもやっぱりパスタやポテトが食べたい!」という時は、一緒に食べるものを工夫すれば、体への負担を軽くできるそうです。「パンケーキとベーコン」は、「パンケーキ単品」よりもマシなのだとか。

この話に踏み込む前に、まず「そもそも炭水化物とは何なのか」から説明しましょう。炭水化物は、次の3つにざっくりと分けられます。

  • 糖類:主なものは、グルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)、スクロース(ショ糖)です。スクロースとは、グルコースとフルクトースが結合したもので、いわゆる「砂糖」の主成分です。ほかにも、ラクトース(乳糖)などといった名前にも聞き覚えがあるのでは?
  • デンプン:パンや米やジャガイモに含まれる成分で、これも結局は糖質です。砂糖とは違って、グルコース分子だけが結合したものです。消化によって、最終的にはグルコースに分解されます(この話はもう少しあとで詳しく説明しましょう)。
  • 食物繊維:これもデンプンと同じ多糖類の一種なのですが、結合の仕方が異なるため、ヒトには消化吸収が難しいのです。このことは、私たちの腸の中でさまざまな細菌が生き延びている理由にもなっています。つまり、私たちには消化できない食物繊維を、奴らが食べているのです。

あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年6月4日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。