iPadの登場で楽になった10のこと

雑誌を読むこと自体は、iPad登場前から別に大変だったわけではありません。でも、コレクションとなるとどうでしょう。それは間違いなく、大変な作業でした。「Newsstand」のほか、「Comics from Comixology」や「Zino」といったサードパーティ製アプリが、読むという行為を、とてもコンパクトかつ物理的に軽い体験へと変えてしまいました。iPadは、マンガを読むのにも最適です。

高音質な音楽づくり

1990年代、友達と一緒に音楽を演奏しているところを初めて録音したときは、4トラックのオープンリール・テープレコーダーを使用しました。音質は問題ないのですが、管理に時間がかかるのが玉に瑕でした。それから数年後、ハードディスク内蔵のポータブルスタジオで音楽の録音ができるようになり、スピードがアップしました。

2000年半ばには、PCを使って、ひとりで録音できるようになっていました。それでも、まさかiPadのように軽量なモバイルコンピュータで、PCの録音アプリケーションと同等の操作が可能になるなんて、想像もできませんでした。

どれほど高音質かというと、Blurのボーカル、デーモン・アルバーンが率いるバーチャルグループGorillazは、2011年にiPadで録音されたアルバムをリリースしました。ほかにも、そこまで有名ではないものの、多くのバンドが、iPadを使って印象的な音楽を作っています。ビギナーにオススメなアプリは、「Garageband」のiOS版です。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年6月15日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。