「LINE LIVE」が試みる、動画配信サービスの育て方

「LINE LIVE」が試みる、動画配信サービスの育て方

今回取り上げるのは、LINEの動画配信サービス「LINE LIVE」の試みについて。以下、最新のデジタルマーケティング情報をいち早く伝えるDIGIDAY[日本版]のこちらの記事より転載します。

本記事は、企業のアニメーション動画制作をサポートするCrevo(クレボ)が運営する、動画制作・動画マーケティングのニュースメディア「VIDEO SQUARE」からの転載となります。

◆ ◆ ◆

2015年12月から、LINEが動画配信サービス「LINE LIVE」をスタートしています。動画配信というと、このところは、ドラマや映画などを配信するものが目立っていましたが、「LINE LIVE」は違います。基本は「生配信」です。

ネットでのライブ配信というと日本の場合、「ツイキャス」や「ニコニコ生放送(通称・ニコ生)」といったサービスがまず思いつきます。「Ustream」がテレビ放送を補完する役割として注目された時期もありましたが、いまはやはりツイキャス・ニコ生が多いでしょう。

「LINE LIVE」はこれらサービスの後追い、という印象をもつ人もいると思うのですが、現状ではかなり特質が異なります。この記事を書いている16年1月の段階では、LINEに公式アカウントを持つ芸能人・有名人のライブ配信を軸としたサービスが行われているためです。

それに対しツイキャス・ニコ生は、プロによる配信も多いものの、個人が自由に配信している例が目立ちます。LINEも「近日中に個人向けの配信ツールを公開する」としているのですが、若干の違いがあります。この傾向から「LINEはマスメディア的なものを指向している」とも指摘されました。しかし、実際にはちょっと違うようです。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2016年2月8日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュース

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「フェイスブック」のニュース

次に読みたい関連記事「フェイスブック」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。