スマホ時間を消耗しないで。ホーム画面のアプリを2種類に限定しよう

スマホ時間を消耗しないで。ホーム画面のアプリを2種類に限定しよう

スマホに夢中になってしまうことはよくあります。最初はメールに返信しようと思っただけなのに、気がついたらTwitterのタイムラインを2週間分さかのぼっている、なんてことも。スマホに没頭しないようにするには、ホーム画面を「ツール」と「やりたいこと」の2種類のアプリだけにしましょう。

これは、グーグルの前プロダクトフィロソファーTristan Harrisのアイデアです。Harrisは、ほとんどのアプリが以下の3つのカテゴリーに分類できると言っています。

  • ツール:それだけで完結する特定の機能やタスクがあるアプリです。カメラ、カレンダー、マップなど、そのアプリを開いて、やりたいことをやったら、それで終わりというものです。
  • やりたいこと:長い時間をかけたいと思っていることに使うアプリです。オーディオブック、ポッドキャスト、瞑想などです。
  • 底なし沼:無駄に時間を過ごしてしまいやすいアプリです。Twitter、Instagram、メールなど、気がついたらあまりにも長い間そのアプリを使っていたというものです。

Harrisは、自分の持っているアプリを、必要不可欠な「ツール」と現実的な「やりたいこと」に分けることをすすめています。ツールは頻繁に使っているものなので、かなりわかりやすいです。現実的にやりたいことアプリというのは少しわかりにくいかもしれませんが、Harrisはこのように説明しています。

自分の生活や人生で、本当はもっと長い時間やりたいと思っているのに実際にはできていないことです。特定のポッドキャストを聞いたり、地元のヨガスタジオのクラスを予約したり、というようなことです。たとえば、瞑想が好きでも、瞑想アプリをあまり使っていないのであれば、瞑想アプリはそこには入りません。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年3月9日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。