職場で友人を作ると、生産性が高まる

職場で友人を作ると、生産性が高まる

Inc.:世の中に出回っている社員の士気を高める方法は、どれも的を外しているかもしれません。

確かに、自主性、仕事に対する「当事者意識」、目的意識、持続可能なイニシアチブは社員が仕事にしっかり取り組むためには大切です。しかし、2300人以上の職業人を対象に最近実施された国際的な調査によれば、ほかにも大切なことがあるようです。それは、社員間の友情を育てることです。

その調査を実施したのは、ユタ州ソルトレークシティーに本拠地を置く、世界的人事コンサルティング企業のO.C. Tanner社です。同社は社員表彰制度の導入で有名で、PepsiCoやHome Depotも同社の顧客リストに名を連ねています。以下は主な調査結果の抽出サンプルです。

  • 職場に親友がいる社員といない社員を比較した場合、前者の75%がどんな仕事でも引き受けられると思うと回答したのに対して、後者は58%だった。
  • 職場に親友がいる社員の72%が「自分の仕事に満足している」と回答したのに対して、職場に親友がいない社員は54%だった。
  • ミレニアル世代(1981年から97年に誕生した人たち)は、それより上の世代に比べて職場に親友がいる確率が高い。年代が上になるにつれ、この種の人間関係を有する確率は低くなる。

数字で言えば上記のようになりますが、問題は「なぜ」そうなるのかということです。友情は仕事への取組みや精神的ダメージからの回復力とどのような関係があるのでしょうか。「職場に親友がいるということは、社会的な幸福度が高いことを示しています」とO.C. Tanner Institute副社長で調査部門担当のGary Beckstrand氏は言います。その幸福とは、他人とポジティブな交流をしているということだと彼は説明します。こうした交流では、厳密に言えば仕事とは無関係のことを話題にしている場合が多いのですが、かえってそれが「リラックスできる職場環境」を作り、社員は作業にストレスを感じているときでさえ、仕事が楽しく感じられます。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。