ウェブメールのガチンコ対決「Gmail」VS.「Outlook.com」

ウェブメールのガチンコ対決「Gmail」VS.「Outlook.com」

「mail」と言えば、頭に「G」をつけるのが当然となりました。「Gmail」はいまや、インターネット最強のメールサービスの1つとして広く知られるようになりましたが、Microsoftの「Outlook.com」もここ数年で、手強いライバルになれるほどの実力をつけてきています。今回の記事は、この2大メールサービスのガチンコ対決です。では両者の力量を見ていきましょう。

対決するのはこの2つのサービス

メールサービスは掃いて捨てるほどあり、その中で頭ひとつ抜け出しているのがいくつかあります。「Hotmail」がOutlook.comに移行してからは、GmailとOutlook.comが2大ウェブメールサービスとして君臨するようになりました。ユーザー数は2つ合わせると10億人を超えます。両サービスのメール管理に対するアプローチは似ているとはいえ、機能面では明らかな違いがあります。

  • Gmail:無料のオンラインメールサービス分野では、Googleが先頭を切ってきました。その始まりは2004年のエイプリルフール。「容量1GBの無料サービス開始だなんて冗談では?」と思っていたら本当だったという逸話があります。堅牢なフィルターやラベル、Googleの他サービスと15GBの容量をシェアできる点など、Gmailは、メールの機能について見直すきっかけを与えるのに成功しました。2015年5月現在、Gmailのアクティブユーザーは9億を超えています
  • Outlook.com:Microsoftは2012年、メールクライアント『Outlook』のウェブ版を新たにスタートさせました。その後は、Hotmailの全ユーザーをOutlook.comに移行させています。新生Outlook.comは、ほかでは見られない独自の機能を数多く提供。優先度の低いメールをひとまとめにしてくれる「低優先メール」や、受信トレイの「ルール」、Outlookカレンダーとの統合などです。Microsoftは、Outlookの容量を5GBまでとしていますが、「これはニーズに応じて徐々に調整または増量」されるそうです。Outlook.comは現在、4億を超えるアクティブユーザーを擁しています。当記事に関して注意点を1つ。簡潔にするために、当記事ではOutlook.comをOutlookと呼ぶことにします。ただし、厳密に言えば「.com」をつけないOutlookはデスクトップ用アプリです。Microsoftのネーミングはややこしいですよね。

あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月27日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。