タンパク質は摂り過ぎても体に害があるわけではない

タンパク質は摂り過ぎても体に害があるわけではない

世間には、筋肉をつけたり、体重を減らしたりするためにタンパク質をたくさん摂っている人もいれば、もっとタンパク質を摂ったほうが良い人もいます。でも、たくさんタンパク質を摂っていても、身体に悪い影響はないようです。

必要とされる量より多くても大丈夫

先日ライフハッカーの過去記事で、どのくらいの量のタンパク質が適正量なのか、考えました。

The Health and Medicine Division of the National Academiesによると、体重1ポンド(453グラム)あたり0.36グラムのタンパク質が、98%の人たちにとって充分な量だそうです。この数字は政府のガイドラインの基準となっており、150ポンド(68キロ)の女性にとって54グラム、200ポンド(90キロ)の男性にとって72グラムのタンパク質を摂っておけば大丈夫です。

食生活で本当に必要なタンパク質の量は?

ほとんどの人は、必要以上の量のタンパク質を摂っています。the 米国農務省が2010年にとったアンケートの調査結果によると、男性は1日平均98グラムのタンパク質を、女性は1日平均68グラムのタンパク質を摂取しています。年配の方や十代の女の子の中にはタンパク質が必要量より下回っている人もいますが、ほとんどの人が必要量より多くのタンパク質を摂っています。

そういった調査結果を読むと「みんな、タンパク質を摂りすぎなのではないか」と思ってしまいますが、そんなことはありません。平均してみると、私たちは必要量より多くのタンパク質を摂っていますが、それは、必要量より少なく食べているより、ずっと良いことです。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年7月19日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。