ワークアウトは全身を鍛えるべきなのか、それとも1つの筋肉を重点的に鍛えるべきなのか

ワークアウトは全身を鍛えるべきなのか、それとも1つの筋肉を重点的に鍛えるべきなのか

ワークアウトのプログラムは普通、「全身用」「部分用」などと筋肉の部位毎に分類されているわけではありません。でも全身のワークアウトとは別に、「脚を鍛える日」とか「腕を鍛える日」とかいった表現は、皆さん聞いたことがありますよね?

ワークアウトはすべて、筋肉を鍛えたり体力をつけたり、減量したりするためのものです。しかし、全身を鍛えるか特定の部位に集中するかについては人それぞれです。

初心者なら「全身を鍛える」ワークアウトの方が効率的かつ理想的

全身用のトレーニングメニューでは、1つ1つのワークアウトで胸や背中、腕、膝、腹など、体中の主な筋肉をすべて鍛えます。スクワットやデッドリフト、オーバーヘッドプレスなどの1つの動きに複数の筋肉群を絡めたエクササイズが組み込まれていて、それらは「コンパウンド・エクササイズ」とも呼ばれています。コンパウンド・エクササイズは大量のエネルギーを必要とし、より多くのカロリーを燃焼しますが、その一方で筋肉を痛めつけますし、各セットの間、またワークアウト全体でより多くの休憩を取らなければならないのが普通です

全身用のトレーニングは、まったく同じか類似した運動を複数回・毎週行って、同じ筋肉群を鍛えます。そうすることで、部分的ではなく身体全体の筋力を向上させられるのが利点です。

典型的な全身用のメニューは、以下のようなものです。

  • 月曜日:スクワット(大腿四頭筋、臀筋、膝腱、腹筋を集中的に鍛える)
  • 火曜日:休み
  • 水曜日:ベンチプレス(胸筋、上腕三頭筋、腹筋を集中的に鍛える)
  • 木曜日:休み
  • 金曜日:デッドリフト(背筋下部、臀筋、広背筋、膝腱、腹筋を集中的に鍛える)
  • 土曜日と日曜日:休み

あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2016年8月28日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。