電車ではなく、あえてクルマで移動する、インテリアスタイリストのこだわりと愛着

電車ではなく、あえてクルマで移動する、インテリアスタイリストのこだわりと愛着

ハイブリッドなどのエコカーや自動運転車などが進化を遂げ、クルマを保有しないカーシェアリングやライドシェアが広がりを見せるなど、200年以上(蒸気自動車が発明された1769年から)続く歴史のなかで、今クルマは大きな転換期を迎えています。

そこで本記事では、改めてプロダクトとしてのクルマ、単に移動するだけではないクルマの魅力について考えてみました。話を聞いたのは、インテリアスタイリストの窪川勝哉(くぼかわ・かつや)さん。複数のクルマを乗り分けているそうですが、目利きスタイリストが選んだクルマとは、クルマとの付き合い方は、どのようなものなのでしょうか。

窪川勝哉(くぼかわ・かつや)/インテリア&プロップスタイリスト
電車ではなく、あえてクルマで移動する、インテリアスタイリストのこだわりと愛着
インテリアのみならずクラフトから家電までプロダクト全般に造詣が深い、男性には珍しいインテリアスタイリスト。雑誌やテレビなどメディアでのスタイリングだけでなく、ウインドウディスプレイやマンションのモデルルーム、イベントのデコレーションなども手がける。2011年渡英。2013年より再び拠点をロンドンから東京に移し活躍中。公式サイト

クルマは、多彩なプロダクトデザインを凝縮した作品

── いきなりですが、出かけるときはクルマで移動して、電車を利用しないと聞きましたが、その理由は?

窪川氏:電車を含めて公共交通機関には、ほとんど乗らないですね。街中のコンビニへ行くにも、長距離の移動でも、自分でクルマを運転して行くようにしています。というのも、電車だとA駅からB駅までのただの移動になってしまう。クルマなら安全運転を心がけながら周囲を見渡しているだけで、さまざまな情報や気づきを得ることができます。途中で停めて電話もできます。でも、結局は自分で操作したり、時間や空間をコントロールするのが好きなんです。人任せで移動してもおもしろくないですからね。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。