「苦行」とは正反対? ミニマリズムを実践することで得られる11のメリット

「苦行」とは正反対? ミニマリズムを実践することで得られる11のメリット

「ミニマリズム」という言葉を聞いて、あなたはどんなことを想像するだろう?何もない部屋、禁欲的、真っ白な壁、つらい倹約生活、家具がまったくない部屋で床に座る人。たいていの人は、こんなイメージが浮かぶのではないだろうか。あなたはおそらく、ミニマリズムは苦行だと思っているだろう。(中略)でも、ここで本当のことを教えよう。その想像は、本物のミニマリズムとは遠くかけ離れている。私にとってのミニマリズムは、むしろ苦行とは正反対だ。(35ページより)

こう主張するのは、『より少ない生き方 ものを手放して豊かになる』(ジョシュア・ベッカー著、桜田直美訳)の著者。現代アメリカにおけるミニマリズム運動の代表的存在で、自身のミニマリズム生活を紹介するブログ「ミニマリストになる(BecomingMinimalist.com)」には、毎月100万人以上が訪れているのだそうです。

彼は、ミニマリズムは自由であり、心の平安であり、喜びだとすらいいます。ものがない場所が増えれば、それだけ新しい可能性が生まれてくる。いらないものを一掃すれば、理想の人生を妨害している障害物もなくなるというのです。

そんな話を聞くと、どっぷりハマったミニマリストを想像したくもなります。が、意外なことに、ミニマリズム自体にそれほど夢中になっているわけでもないのだそうです。目指しているのは、誰もが適正量のものをもち、そのおかげで最高の人生を生きられるようになること。豊かな先進国に暮らす人の98パーセントにとって、それはものを減らすことを意味するというわけです。これは、理にかなった考え方ではないでしょうか?


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2016年12月22日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら