幸せになりたいと願うのは逆効果:研究結果

ジャーナル『Depression and Anxiety』に掲載の研究によると、「幸せにならなければ」という社会的プレッシャーが、うつ症状を悪化させる可能性があるようです。

同論文において、メルボルン大学心理学科のBrock Bastian准教授はこのように述べています。

住んでいるところの文化や社会的環境が、私たちのうつレベルや悪い出来事への対応に重要な影響を及ぼすことがわかってきました。

うつは、ポジティブな感情とネガティブな感情の関係についての認知が高い東洋よりも、米国などの西洋で多く見られます。東洋は西洋に比べて幸福度が低いものの、うつも少ないのです。

うつは、一種の感染症です。ある文化で特に蔓延しているのであれば、各個人の生物学よりも、文化的要素がうつにどう寄与しているかを理解するべきでしょう。

Bastian氏の研究チームは、幸福への社会的期待とうつ症状の関係を調査しました。その結果、幸せへのプレッシャーを感じている人ほど、うつ症状を経験しやすいことがわかりました。

Bastian氏は別の研究において、幸せへの社会的プレッシャーを感じている人ほど、失敗後の反すう思考が多いことを示しています。考えすぎはうつの原因となりうるので、失敗を乗り越えることが重要です。

最近では、ポジティブな感情とネガティブな感情が差別的に扱われています。ポジティブな感情を大事にするあまり、ネガティブな感情を無用なものと考えがちなのです。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2017年6月25日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら