すばらしい「休暇」にしたいなら、パソコンは家に置いていこう:研究結果

仕事と家庭のリズムを日々繰り返していると、人生が飛び去っていくように感じることがあります。その解決策のひとつが休暇です。休暇は、大切な人たちと貴重な思い出をつくり、楽しいエピソードで心を満たし、時間の感覚や可能性の感覚を広げるチャンスです。

でもご存知のように、すべての旅行でそうした経験ができるとは限りません。疲れ切って帰宅した挙句、「"休暇の疲れを癒すための休暇"があればいいのに」などと思ってしまうことも少なくないでしょう。

では、何年経っても光り輝く幸せなノスタルジーとともに思い出せる「人生のためになる休暇」と、なんの印象も残さずに飛び去ってしまったように感じる「味気ない休暇」の違いは、どこにあるのでしょうか?

究極の「思い出キラー」

旅先の滞在場所をレンタル提供する「HomeAway(ホームアウェイ)」が、その答えを研究しているそうです。

HomeAwayは、テキサス大学の心理学者アート・マークマン氏とともに新たな研究を行いました。「すぐ忘れてしまう休暇」と、「何年たっても幸せな記憶としてとどまる休暇」との違いを特定するために、研究チームはアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、イタリアの成人713人を対象に、休暇前・休暇中・休暇後に聞きとり調査を行い、それぞれの体験や記憶、休暇中の習慣について尋ねました。

その結果、休暇が記憶に残るかどうかは、多くの要因が影響していることがわかりました。例えば、都市部の旅を避け、ソーシャルメディアをほどほどに使うようにすると、印象に残りやすくなります。しかし、さらに興味深い結果として、記憶に残る休暇を過ごしたのなら、休暇中に仕事をするのは良くないことがわかったのです。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月22日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。