四六時中疲れがとれない4つの理由

Inc.:忙しい毎日を過ごす現代人にとって、睡眠は非常に重要です。世論調査を行う企業のGallupの調査によると米国人の約40%は平均睡眠時間が7時間以下、また、American Journal of Health Promotionに掲載された研究によると、睡眠時間が6.5時間以下の人は肥満になりやすい傾向があるという調査結果が出ています。

四六時中電気がついているような環境に加え、FacebookやNetflixなどの時間を忘れて無限に没頭できるツールがあふれる現代社会では、7時間しっかりと睡眠時間を確保することは難しいのかもしれません。

ただし、もしあなたが7時間、もしくはそれ以上の睡眠をとっているにも関わらず、1日中疲れがとれないようであれば、睡眠の質に問題があるのかもしれません。快適な睡眠生活をおくるために欠かせない4つの要素をご紹介しましょう。

1. 適度な運動

朝から晩までパソコンに向かうようなオフィス環境で過ごしていると、なかなか体を動かす時間を確保することは難しいかもしれません。

例えばニューヨークのように住人の主な移動手段が徒歩である街なら話は別ですが、多くの人が1日の1万歩未満しか歩かない生活を送っているでしょう。椅子に長時間座ったままの状態は、関節や背中の痛み、また偏頭痛を引き起こします。週に何度かエクササイズとして運動をすることも大切ですが、それだけでは根本的な解決とはいえません。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月22日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。