プレゼンやスピーチでの箇条書きはNG:研究結果

Inc.: 多くの専門家が指摘しているように、プレゼンやスピーチにおいて、箇条書きはあまりオススメできません。聴衆は箇条書きと話の内容のどちらにも集中しきれず、けっきょく何も覚えていないなんてことになりかねません。また、画像を伴う情報のほうが、脳に蓄積されやすいのも事実です。

ところが、神経科学者のLeo Widrich氏の記事によると、箇条書きがよくない理由はそれだけではなさそうです。

箇条書きと脳

パワーポイントで作られた、よくある箇条書きの資料。それを見ながら話を聞いているとき、脳内のブローカ野とウェルニッケ野が活性化します。どちらも言語の生成、処理、理解をつかさどる部位であり、聴衆は箇条書きの理解に努めていると言えるでしょう。

しかし、それ以上でもそれ以下でもありません。つまり、箇条書きの資料は、脳の一部にしか訴えかけないのです。

記憶に残る話をするには

The New York Timesによると、繊細に作られたストーリーの場合、活性化するのはブローカ野とウェルニッケ野だけでないことが複数の研究で示されています。聴衆の脳は、ストーリーを疑似体験しているかのような反応をするのです。

たとえば、すばらしい朝食についてのストーリーを聞いていると、味覚や臭覚を処理する部位が活性化します。感情的な記憶はそのような感覚情報と関連付けられているので、聴衆はむかし祖母に作ってもらった、マシュマロとチョコのかかかったパンケーキの味や匂いまで思い出せるのです。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2017年8月11日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら