指定した時間Macをスリープさせないアプリ「Lungo」

Lungo」は指定した時間Macをスリープにさせないアプリです。普段は10分放置させるとスリープに入るようにしているとしましょう。プレゼンテーションをする際など、特定の場面においてもう少しスリープまでの間隔を伸ばしたいときに便利なアプリです。

Screenshot: カメきち

Lungoをインストールして起動すると、このようにコーヒーカップのアイコンがメニューに並びます。アイコンをクリックすると、時間が表示され、その時間はMacをスリープにさせないようにできます。Macのスリープ時間を一時的に伸ばしたいときにぜひご活用ください。

Image: Lungo

Source: Lungo, iTunes

元の記事を読む

あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2017年8月11日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら