ビデオゲームは必ずしも脳を破壊するわけではない:研究結果

「一人称視点のシューティングゲームをプレーすると海馬が縮む」との研究結果が、Geek.comに掲載されました。海馬は、脳の中でも記憶の管理や空間の把握に関わる領域です。けれども、『Call of Duty』をプレーするのが、そんなに脳に悪いのでしょうか?

この研究は、ゲーム愛好者ではない人を被験者として集め、ゲームが脳の組織に与える影響を4年間にわたって調べたものです。その結果、被験者のうち『Call of Duty』や『Grand Theft Auto V』などのアクションゲームをプレーした人たちは、海馬の灰白質(神経細胞の細胞体が集まる部位)が縮小したことがわかりました。

灰白質が目減りするのは、比較的年齢が上の人にとっては、気がかりな状況です。「望ましいのは、海馬が充実した状態にあり、灰白質が多く、新たな接続を作る能力を備えていることです」と、この研究に参加していない臨床心理学者のGreg Fonzo氏は解説します。とはいえFonzo氏によると、たとえ『Counter-Strike』をプレーしていても、きちんと対策さえしておけば心配する必要はないとのことです。しかも、今回の研究によれば、別のタイプのビデオゲームが、こうしたマイナスの作用を打ち消してくれる可能性もあるそう。

「これはトレードオフの関係です。というのも、(アクションゲームをプレーする人は)そのほかの分野で脳の機能が向上しているからです」とFonzo氏は指摘します。この場合、海馬が縮む一方で、尾状核の灰白質は逆に増えることが判明しました。尾状核は、脳の中で習慣の定着に関わる領域です。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2017年9月9日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら