iOS 11の新機能「運転中の通知を停止」は、運転を自動で検知して通知を止めてくれる

初めての場所に行こうと『Google マップ』の指示通りに車を運転しているときのこと。母親からメールがきたのをきっかけに、事態が複雑な展開に。数秒後、職場の全員を対象にしたグループメールが届き、新着メッセージの通知が連続で鳴りはじめました。と思えば、また母親から、なぜさっきのメールに反応がないのかというメールが。ああ、母にメールのやり方なんか教えるんじゃなかった…。

このように、運転中でもさまざまな中断が入ります。もちろん、ハンドルを握っているときはメールなんかに気を取られてはいけませんよね。そう頭ではわかっていても、あまりにも通知が連続すると、完全に無視するのはなかなか難しいものがあります。

『Drive Smart』やAT&Tの『Drive Mode』など、運転中に視線を道路に集中させるためのアプリは存在します。ですが、Appleは最新の「iOS 11」において、「運転中の通知を停止」モードをプリセット機能として組み込むことにしたようです。すでにこうしたアプリを使っている人には不要かもしれませんが、まだの人はぜひこの機能を利用して、ドライブ中の集中力を取り戻してください。

この機能、母親からの早朝メールに起こされないように使う「おやすみモード」と基本的には同じです。「運転中の通知を停止」をオンにすると、運転中はメールやその他の通知が表示されないようになります。さらに、メールの送信者に対して運転中であることを知らせてくれます。では、おやすみモードと何が違うのか? なんと、運転中であることを自動で認識してくれるのです。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2017年9月25日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら