オタク部屋を大人らしい部屋にする方法

私の部屋は、少し前まで部屋のど真ん中にビデオゲームが鎮座し、あちこちにマンガが落ちていて、おもちゃが散らかっている状態でした。

ところが先日、気が変わりました。もう少し整頓された「大人らしい」部屋にしようと思い立ったのです。だからといって、好きなものを犠牲にしたくありません。ここでは私が実践した片付け術をご紹介します。もし、誰かに見せられる部屋にしたいと思ったことがあるなら、きっと役立つことでしょう。

まずは断捨離 Image: Ruben Schade/Flickr

「大人らしい」と見なされるために、オタクっぽいものをすべて手放したり隠したりする必要はありません。ただ、自分の部屋を「オタクのダンジョン」ではなく「粋なギーク・スポット」にしたいなら、本当に欲しいもの以外は手放すべきです。

そこまで片付けコンサルタントのコンマリ(近藤麻理恵さん)になる必要はありませんが、所有していても喜びを感じられない「おもちゃ」「ポスター」「フィギュア」などがあるなら、誰かに売ったりあげたりして手放してください。場所を取るので、その後の整理がたいへんになるだけです。

いつの間にか溜まった映画ポスター、本当に残しておきたいものは2枚ぐらいだったりしませんか? 好きなキャラクターのおもちゃだけ残して、あとは誰かにあげてしまいませんか? 「オタクの誇り」は捨てて、本当のときめきをくれるもの以外は、すべて手放しましょう。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2017年9月26日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。