「知恵を借してください」と言う前に、気をつけてほしいこと

著名人とコンタクトを取るのもずいぶん簡単になりました。ソーシャルメディアや企業のプロフィールページから少したどれば、業界で最も勢いのあるスターにだって簡単にメッセージを送ることができます。

そんなとき、あなたはメッセージになんと書きますか? まさか、「知恵を借りたいので、一緒にコーヒーでも飲みませんか?」と尋ねてなんかいませんよね?

「それはよいやり方ではない」と、Basecampの共同創設者でCEOのJason Fried氏がLinkedInで語っています。「知恵を借りたい」と言われても、イエスとは言いづらいと話します。

「知恵を借りられる側はそこから何を得られるのでしょうか?」とFried氏は問いかけています。知恵を貸してくれ、というのは一方的な要求であり、お互いに利益があるとは言えません。同氏は、その顔合わせをギブ・アンド・テイクなものにするために、何を提供できるかをよく考える必要があると助言しています。

「X、Y、Zについていくつか質問させていただきたいと考えています。私からはA、B、Cについての考えをシェアさせていただきます」という姿勢が大切なのです。

Fried氏は、知恵を借りようとする人は、相手に割いてもらう時間について正直であるべきだとも言っています。一緒にコーヒーを飲んで15分で終わるということはありません。最低でも20~30分は割いてもらうことになります。そのことをごまかさないでください。そして当然、相手の都合がよい時間に、相手のところまで出向くようにします。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2017年10月7日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら