スマホの使用時間を減らすコツは、通知の設定を見直すこと

スマホを使っている時間が無駄だと思いながらも、やめるのは簡単ではありません。いつもTwitterやFacebookを見ていたり、KindleやInstapaperを開かない自分に腹立たったりするでしょう。これは、いつのまにか習慣になっている証拠。

今回は、この無駄な習慣をやめるための、1つのアイデアを紹介しましょう。必要のない通知はすべてオフにして、必要な通知だけをオンにするのです。

必要のない通知はすべてオフに

まず、良くない習慣につながっているアプリの通知をオフにします。Twitterのすべてのファボやリツイートをわざわざ知らせてもらう必要はありません。しかし、Twitterはもっとアプリを開いてほしいので、初期設定で通知をオンにしています。通知をオフにして通知が出なくなると、心から穏やかな気分になるはずです。

スマホのすべての通知を見て、それをチェックしなかったらどうなるか自問自答してみましょう。答えが「たぶん問題ない」であれば、通知を無効にします。これはメールやチャット系のアプリにも応用できます。

通知をオンにするアプリを選ぶ

次に、必要なアプリの通知をオンにします。ワークアウトや習慣系のアプリは、ほとんどが初期設定で通知がオンになっていますが、通知がオフになっているものも多くあります。『Kindle』や『iBooks』のアプリには通知のオプションもありません。しかし、『Instapaper』や、iOSのポッドキャストアプリ『Overcast』には通知のオプションがあります。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2017年10月23日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら