我が子の写真をSNSにアップするときの注意点

私の息子が誕生して数時間後には、息子の画像がインターネットのいたるところに出回りました。親戚が投稿したものもあれば、息子の誕生を一緒に喜ぶ友人たちが投稿したものもありました。どれ1つとってみても、公開前に私の合意をとりつけたものはありません。

私自身もSNSで公開すべきでない画像をアップしてしまったことがあります。息子が1歳になるころ、息子がトイレを失敗した写真をアップしたときのことです。その写真を見て大笑いした親御さんたちもいましたが、たいていの人は不快感を抱いただけでした。

そういう経験から、私は我が子の写真を私の許可なく公開してもらいたくないと考えるようになりました。でも、自分が公開するものに関しても、常に正しい判断をしていたわけでなかったことは明らかでした。画像を公開することで友人や家族のつながりを保っていたいのですが、どこで線を引くべきなのでしょうか。

どこで線引きするにしても、公開しすぎるとどんなことが起こり得るか考えることが大切です。「投稿」ボタンをクリックする前に、次のガイドラインを思い出してください。

子どもの立場になって考える

子どもがまだしゃべれない年齢なら、子どもの立場になって考えてみましょう。自分が子どもの立場だったら、親がその画像を友人に公開したときどんな気分になるでしょうか。そう考えたとき、少しでも躊躇するなら、その写真を公開するのは考え直したほうがいいでしょう。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2017年10月23日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら