重要書類はUSBに保存。災害に遭う前にやるべき「避難バッグ」の作り方

数週間前、カリフォルニア州アナハイムのサンタアナ山の麓の小さな山道で火事があり、瞬く間に燃え広がりました。報道を見ていると、炎は蛇行して私たちの住む郊外の辺りまで来ました。夕方には、自宅から半マイル離れたところに強制避難命令が出されました。

私は、慌てて貴重品や洋服をかき集めましたが、すぐに止まってしまいました。一体何を詰めて持っていくべきかわからなかったのです。「思い出の写真?」「お金?」、家の中を見渡して、失いたくないものは何だろうと考えました。近所の人が、重要書類を持っていきなさいと教えてくれました。しかし、あまりにもパニックだったので、結局私のスーツケースは似合わない洋服とパスポートと絵でいっぱいになってしまいました。

これはあくまでも1つの例です。山火事、地震、ハリケーンなどの自然災害だけでなく、交通機関や工場の事故などのせいで避難をさせられることもよくあります。今回の山火事で、次に災害が起こった時のために、もっときちんと準備をしておくべきだと思わされました。

そこで、避難しなければならない場合に備えて、すぐに持ち出せる避難バッグの準備の仕方をお教えしましょう。

バッグを選ぶ

家族各人が自分のバッグを持ったほうがいいです。バックパックやナイロンの大きな巾着袋のようなものがいいでしょう。

貴重品の写真を撮る

その写真をクラウドのサーバーに置き、フラッシュドライブにバックアップも取っておきます。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2017年10月28日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら