離婚の原因は低所得よりも、むしろ不安定な収入:研究結果

統計学者のNathan Yau氏は先日、アメリカ国勢調査局が発表した「2015年アメリカ地域社会調査(過去5年分:2011~2015年)」を調べて、離婚率が1番高い職業と1番低い職業を割り出しました。

もし、あなたが安定した結婚生活を望んでいるなら、アクチュアリー(保険数理士)と結婚しましょう。この職業につく人の離婚率は17.0%です。一方、カジノの支配人とバーテンダーの結婚に関する実績はすばらしいとはいえず、離婚率はそれぞれ52.9%と52.7%です。

「バーテンダーは軽薄で社交的だけど、アクチュアリーはそうじゃなさそうだから、その結果は当然じゃない?」と思った方もいるかもしれません。国民の結婚・家庭生活の改善に取り組むアメリカの研究機関The Institute for Family Studies(IFS)は、このデータをさらに吟味し、独自の見解をいくつか述べたレポートを発表しました。

このレポートを執筆したNaomi Cahn氏とJune Carbone氏は「結婚生活には生活の安定が重要である」という常識が正しいのか検証しようとしました。低所得層は、結婚する割合が低く、離婚しやすく、物質的な満足度が低いのかということ。また、結婚生活に耐えるというのは、裕福な人たちのものかということもです。

Cahn氏とCarbone氏は、離婚率がもっとも高い10の職業と、もっとも低い10の職業について、教育の最低水準と平均収入に目を向けました。その結果、もっとも離婚しやすい職業ではそのすべてが、高卒以上の学歴を必要としないことがわかりました(バーテンダー、カジノの支配人、フライトアテンダントなど)。それに対して、もっとも離婚しにくい10の職業(科学者や技師、医師、聖職者など)はどれも、最低でも学士号を必要としていました。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2017年11月3日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら