嘘発見器を欺く方法

ポリグラフマシーンは、嘘発見器としてよく知られていますが、その信用性はゼロに等しいものといってもよいでしょう。その人が嘘をついているかどうかというよりも、緊張したときに汗をかきやすくなる、といった身体的な特徴に対して反応しているだけなのです。

今回は皆さんに、そんな嘘発見器に立ち向かうためのいくつかのコツをお伝えしましょう。

アメリカの裁判所は、そもそも嘘発見器での結果は正式な根拠資料としては認めていません。しかしながら自白をさせようとする際に嘘発見器を用いることは法に反しているわけではなく、よく使われる常套手段となっています。採用プロセスのなかでも、面接やこれまでの経歴を探る際にも用いられていますね。

嘘発見器がどのような仕組みになっていて、どんなトリックが仕込まれているのか、またそれに私たちはどう立ち向かうことができるのかを記したebook『The Lie Behind the Lie Detector』からいくつかのコツをご紹介しましょう。本物の嘘発見器で試したわけではありませんから、是非今後機会があれば試してみてくださいね。

質問への応答は一貫性を持つこと

「嘘発見器を使って何かをする」ということは「単なる機械に向かって話す」ということではなく、その一連の流れが尋問そのものなのです。嘘発見器にかけられる前後の会話にもきちんと一貫性を持たせましょう。たとえばこんな質問を聞かれることが予想されます。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。