セキュリティを高めるには、秘密の質問に「間違った答え」を設定するといい

「オンラインバンキングの口座を開設」「新しいメールアドレスの作成」「医療保険のアプリの登録」などをするプロセスでは、アカウントの個人情報や機密情報を守るためにセキュリティが少し多くあります。しかし、残念ながら秘密の質問だけでは、確実に安全というわけではありません。New York Timesによると、母親の旧姓に答えるだけでは十分ではなく、クレジットカード情報が犠牲になるかもしれないと報じています。悪意ある人から自分の大事なアカウントや情報を守るために、今こそ秘密の質問を強化したほうがいいでしょう。

秘密の質問では、実際の生活に関する情報や、SNSを通してわかったり、信用調査会社の失態による情報漏えいでわかったりするような情報を聞きます。大学時代に運転していた車の車種や、母親の旧姓などは見つけるのがそこまで難しくはありません(母親のFacebookページでわかることもあります)。奥の手を使う前にさまざまなやり方を試してみたほうがいいとは思いますが「質問に正直に答えることが最善の策ではない」ということは知っておきましょう。

「間違った答え」をつくる

「初めて買った車は?」と聞かれたら、いつか欲しいと思っている夢の車や、これから買おうとしている車を答えます。「母親の旧姓は?」と聞かれたら、母親が愛情表現に使っていたイラッとする言葉でも何でもいいので、好きな答えをつくり出しましょう。検索できない答えであれば、間違った答えをつくり出すことで、セキュリティを保つことができます。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2018年1月17日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら