突然失業してしまったら、まず何をすれば良い?

私は最近、職を失いました。突如として、失業者としての生活に適応しなければならなくなったのです。

もっとも私はジャーナリストなので、たとえ解雇されても、当面のためにフリーランスの仕事を探すことができます。その点は、ほかの職業の人たちとは異なるかもしれません。とはいえ、襲いくる不安に飲み込まれそうになりながら、次のステップを模索しなければならない点では変わりません。

心理学者で『The Stress-Proof Brain』の著者であるMelanie Greenberg博士は、この苦難の時期は、2つの重要なタスクに集中すべきだと言っています。1つは、新しい仕事やキャリアパスを探すこと、もう1つは、心の健康に気を配ることです。

今回は、そんな苦難の失業期間に、絶望に陥らず、借金を回避し、できるだけ早く新しい職を探すための戦略を紹介します。

心の健康に気を配る

Greenberg博士は、突然の解雇にあったときに重要なのは、当然ながら、将来のキャリアについて、綿密な計画を練ることだと話します。博士はこう言います。

キャリアを再建する方法を探ってください。新しい仕事を探すのはもちろん、自分に何ができるかを大局的な視野から眺めてみることも重要です。いくつかの仕事を並行してやる必要も生じるかもしれません。

また、失業期間は心の健康に気を配ることがとくに重要となります。

心の健康のための時間をとり、感情のケアをしてください。抑うつ状態にならないように気をつけます。運動する時間をつくり、社交の場に出かけてください。ボランティア活動に取り組むのもよいでしょう。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2018年1月17日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら