敷金や礼金は不要。シェアハウス歴4年の住民が語るシェアハウスのメリット・デメリット

敷金・礼金、家具や家電など、新生活にかかる費用。さらに、新しい土地で生活をスタートさせる心細さ。一人暮らしにはこのような不安がつきものです。しかし、シェアハウスだったら、そんな心配も不要かもしれません。

シェアハウスというと賃料が安いということをイメージしがちですが、実はそれ意外にも数多くのメリットがあります。

そう話すのはシェアハウス歴4年、ライフハッカー[日本版]編集部の大嶋さん。

これから新生活をはじめる人にこそ、シェアハウスを検討してもらいたいということで、住んでわかったシェアハウスのメリット・デメリットについて教えてもらいました。

大嶋拓人|ライフハッカー[日本版]編集部員

1986年生まれ、愛知県出身。メーカー勤務を経て、オンラインメディアの編集者に転身。以後、ライフハッカー[日本版]にてメディア運営・コンテンツ企画制作に携わる。吉祥寺在住で、シェアハウス歴は4年。

シェアハウスとルームシェアの違い ルームシェアは、自分のプライベート空間がない。 Image: Elnur/Shutterstock.com

現在大嶋さんは、吉祥寺駅周辺のシェアハウス「オークハウス吉祥寺2」に住んおり、キッチンや水回りリビングだけを共有し、自分の部屋を持っています。約20人が入居しており、外国人や日本人など様々なバックグラウンドを持つ人が生活しているそうです(今回はあくまでも管理会社オークハウスの物件の話題となりますので、ほかの管理会社の場合は条件が異なる場合があります)。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2018年2月7日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。