新年度、ライフログは画像で残す。超高画質なau新スマホのインカメラで

先日、自分のTwitterログを見返してたら「ほんとうに自分のことかな?」と思うくらいに去年の記憶が抜けていました。

これもうアカウント乗っ取りってことにできないかなってレベルのポエミーな言葉たちだけでなく、新年の抱負や目標設定といった大事なことまで、忘れがちになってしまうもので。

忘れっぽい人が日々の記憶を留めておく方法はさまざま。買い物の前に冷蔵庫内の写真を撮っておくなんてシンプルなハックもありますが、自分にあったライフログの残し方を試してみるうちに、僕は「写真」で記憶が蘇ってくることが多いように感じました。

暗所に強いインカメラがライフログを加速する

仕事もプライベートも分けずに一台のスマホを使っているのですが、写真フォルダを遡っていると「見るだけで当時の空気や会話も思い出す」ことがありました。ホワイトボードの板書で当時の仕事を振り返ったり、別れた恋人とのセルフィーを見て旅行の記憶が甦ったり(こっちの写真は消しました…)。

なるほど、言葉で留めておけないことは「風景」を含めて写真に納めれば、自分を思い出すための手がかりになりやすいのか。と気づいた僕は、今年からなんてことのない日々もパシャパシャと残し、恥ずかしさも乗り越えてセルフィーを撮るようになりました。セルフィーは目的を「記憶用」だと割り切ると、案外すぐ慣れます。

そんなライフログとしてのスマホカメラ需要をガッチリ掴んだ一台が、KDDIから新しく発売されました。「HUAWEI nova 2」は、auブランド初のHUAWEIスマホという選球眼への期待もさながら、とにかくカメラがすごい。ダブルレンズのメインカメラはもとより、インカメラ(サブカメラ)が約2000万画素の高画質仕様。

...続きを読む

あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2018年2月14日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。