iPhoneのちょっと物足りないアラーム機能を最大限活用する方法

iOSデバイスやMacでのアラーム設定には、さまざまな方法があります。Siriに頼んでもいいし、「時計」アプリのタイマーやアラーム機能を使ってもいいし、リマインダーを設定する手もあります。でも残念ながら、どの方法にもいくつかの注意点があります。そのせいで、なぜかスマートフォンが午前3時に鳴り出したり、スマートスピーカー「HomePod」が通知してくれると思っていたリマインダーが機能せず、あわてて玄関を飛び出すはめになるかもしれません。エンジニアのDr.Drang氏は、これらのアラーム各種がどう機能するのかを調べ、ややこしい違いが存在することを明らかにしました。

Dr.Drang氏は、タイマー、アラーム、リマインダーというiOSのアラート3種を比較し、それぞれにどんな機能が備わっているかを調べました。また、Apple Watchも含むiOSおよびmacOS搭載デバイスで、3種のアラートがどのように機能するかも比較しました。Dr.Drang氏の比較表には、各アラートに対応しているデバイスと、3種のアラートそれぞれの注意点がまとめられています。この記事では、それぞれのアラートを最大限に活用し、重要なアラートを逃さないために知っておくべきことをご紹介します。

時計アプリのタイマーは1つだけ

iPhoneでアラームを設定するには複数の方法がありますが、使いやすいものとは言えません。たとえば、時計アプリのタイマー機能で設定できるのは、一度に1つのアラートだけです。この点は、2つ以上のイベント(たとえば、洗濯と夕食の支度など)のタイマーを設定する際には不便です。

...続きを読む

あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2018年3月14日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。