「所有欲」はもう古い? IoT家具ベンチャーがサブスクサービスを開始

「所有欲」は、もはや時代遅れなのでしょうか?

最近では、音楽やソフトウェアといったデジタルデータは、買い取るのではなく、利用する期間に応じて一定の料金を支払う「サブスクリプションモデル」が主流に。

シェアリングサービスの普及により洋服や車、住宅といった形のあるものに対しても「所有」から「利用」へと人々の意識が変わってきています。

そんな中、

一般的には購入して所有することが当たり前だと思われてきた家具にもサブスクリプションモデルを適用することで、もっと自由な使い方ができるのでは?

と考えたIoT家具ベンチャー「KAMARQ HOLDINGS PTE. LTD. (本社:シンガポール、創業者/代表:和田 直希、以下 カマルク)」による「家具のサブスクリプション型販売サービス」ベータ版が、2018年3月20日(火)より提供を開始します。

家具ベンチャー「カマルク」のこと Image: KAMARQ/PR TIMES

カマルク」は「あなたの世界を広くする」をタグラインに、暮らしの中の不必要な機能を捨てることで、暮らしにのりしろをプラスするという発想でプロダクトを生み出すIoT家具ベンチャー。

「FURNITURE 2.0」を標榜し、家具のあり方を、素材、製造、流通、価格、IT/IoT化の面から再定義し、さらにそこから生み出される世界観もイメージして家具を製造・販売。「家具」「IoT」「サブスクリプション」の3つの事業テーマに取り組んでいます。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2018年3月20日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。