「40歳定年」で得たもの・失ったもの

私は2007年にフィジーに移住し、在住11年目になります。昨年9月、ダブル成人となる40歳を迎えました。その3カ月後、10年半勤めた会社(在フィジー)を志願退職。現在、「40歳定年制」を実践中です。

40歳定年制とは?

「40歳定年制」は、東京大学大学院の柳川範之教授が提唱している考え方で、国家戦略会議の中でも提言されています。

「40歳でリタイアしよう」という意味だと誤解されることが多いのですが、そういう意味ではなく「75歳くらいまで生き生きと働くために、40歳くらいでいったん区切りをつけよう」という提案なんです。

人生100年時代、75歳まで働くとすれば40歳時点でも、まだ35年もの期間を働くことになります。一度、40歳くらいで立ち止まり、これからのライフキャリアについてじっくりと考える時間を確保しましょうということです。

40歳定年した「今」の暮らしは?

私は昨年12月に退職し、フィジーで奥さんと3歳の息子と3人暮らしをしています。

ちなみに日本人の場合、フィジーはビザなしで4カ月まで滞在可能。近隣諸国(オーストラリアやニュージーランド、トンガ、サモアなど)に一度出国し、フィジーに戻れば、またそこから4カ月滞在が可能になります。

現在は仕事をしていないので、週休7日。「毎日が日曜日」というやつです。ただ、それだとメリハリがなくて「自由」をうまく扱えないので、以下のように曜日別で大まかなテーマだけは設けています。

...続きを読む

あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2018年4月16日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。