アメリカ人女子高生から学ぶ、プレゼン中の「想定外」に対処する方法

銃規制の強化を求めて3月24日に行われたデモ「私たちの命のための行進」の最中の出来事です。マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校の生徒で、銃乱射事件で負傷したSamantha Fuentesさんは、登壇して何千人もの抗議者を前に感動的なスピーチを行いました。ただ、そのスピーチの途中でFuentesさんは、演壇のうしろに屈み込んで嘔吐してしまいました。

聴衆は静まりかえりました。Fuentesさんのことを心配するざわめきがあちこちから聞こえ、カメラも壇上の撮影をやめ、聴衆のほうを写し始めました。聴衆がFuentesさんの名前をコールするなか、再び姿を現したFuentesさんは、笑顔でこう叫びました。

世界中で放送されている時に、もどしちゃった。こりゃあいい気分だわ!

聴衆から声援や拍手喝采がどっと沸き上がり、Fuentesさんはスピーチを再開しました。

大勢の前で、体が意図しない反応を示すのは、この上なく気まずいものです。それでもFuentesさんは、まだティーンエイジャーだというのに、おそらくは気持ちの昂ぶりとトラウマによってもたらされたこの事態に打ち勝つ秘訣を知っていました。結果を受け入れるのです。手を挙げて、こんな風に言いましょう。「そう、私がしたことよ!」と。気の利いたひと言で、自分は大丈夫だとみんなに伝えましょう。みなさんも、起きてしまったことを受け入れて、いっしょに笑ってくれてかまわない、仲間なのだから、と伝えるのです。それから、さっきの話の続きに戻るのです。


あわせて読みたい

ライフハッカー[日本版]の記事をもっと見る 2018年4月12日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。